【MyDefrag】フリーソフトをいくつか使って少し背伸びしたデフラグ(最適化)をしてみた

⇒ミクJAM海賊団(仮名)色々講座と作品集TOPへ戻る

PC音痴の私が少し背伸びして挑むデフラグ奮闘記です。
PC立ち上がるまで時間がかかるようになってきた。MusicMakerがフリーズ、または突然落ちる頻度が以前より増してきた気がする。このソフトは元々不安定な所があるんですが、AdobeFLASH8までもがフリーズする事が増えてきて、これはおかしいなと。その他諸々PCが調子悪くなってるのが明らかに体感できるのでデフラグしろって事かなと、そう思って年末にやってみました。今まではWinsows標準の最適化ツールでしかやったことなかったんですが、それだとHDDの空きが15%以上無ければ使えなかったり、やたら時間がかかったり、変な詰め込み方だったりしますよね。そこで今回は試しにフリーソフトのデフラグツールを使ってました。探してみると結構沢山あります。他サイト様のレビューなどを参考にしつつ、色々調べて良さそうだと思ったフリーの最適化ソフトを選んでみました。
【MyDefrag】Windowsと同じデフラグ用APIの高性能デフラグツール【MyDefrag】
「Windowsと同じデフラグ用APIの高性能デフラグツール」らしい。APIとか専門的な事はよくわからんが、Windows標準のツールと同じプログラム部品が使われているってことでしょ多分。なんとなく安心な気がするのと色んなサイトのレビュー見て比較しても1番良さそうだったので、これを本命として選びました。HDDの空きが15%以下でも実行可能です。

【Auslogics Disk Defrag Portable】高速・多機能デフラグソフト(インストール不要)【Auslogics Disk Defrag Portable】
もう1つ、キープ君にコレもチョイス。物凄く速いと評判のデフラグソフト。最速との声もあるぐらい。通常版はインストールの必要があり、多機能のようですが、私は極力インストールしたくないのでポータブル版を使うことにしました。デフラグ具合は上のに比べるといい加減らしいです。


【CCleaner】不要なファイルを削除したりレジストリをクリーニングするソフト【CCleaner】
不要なファイルを削除したりレジストリをクリーニングするソフトです。デフラグするソフトではないけど、今回はこれも使うことになりました。
【デフラグ(最適化)って何?】
HDD(ハードディスクドライブ)の中にファイルを保管していきますが、これはちょうど本棚に本を保管していってるような感じです。1~10巻の本があるとして、順番に並べてあれば次々に読みやすいですね。ところが「このファイルはもういらない」と削除したり、移動させたりしているうちに並びがグチャグチャになっていくのです。
HDDを本棚に例えた時、1~10巻の本をもういらないと削除したら本棚には10冊分の空きが出来るのですが、次に1~20巻の本を入れる時に1~10巻までが空きに入れられて、11巻以降は別の空いてる場所に入れられる。そうすると、1~10巻まではスムーズに読めますが、11巻がどこにあるのか探し回り、効率よく続きを読むことが出来ません。もっと言えば1冊あたりの厚みが違うので、空きの場所には10巻の途中ページまでが保管され、別の場所に10巻の途中ページ以降から20巻までが保管されるということもありえます。これを断片化というのだそうです。
自分がやらなくてもPCが勝手に削除したりプログラムの更新などで勝手にファイルを増やしたりもします。ネットでホームページなどを見ると、一時ファイルが増えたりもしますから、断片化現象は自然に進んでしまうのです。
PCが必要なデータを探し回らないといけないぐらい断片化が進んでいるとデータの読み込み効率が悪くなります。ソフトの立ち上がりに時間がかかったり、動作が遅くなったり、Windows自体の起動が遅くもなるのですって。最悪はフリーズしやすくもなるのだとか。だからPCがファイルを探しやすいようにHDD内を整理整頓する必要があるのです。この整理整頓を「デフラグ」とか「最適化」と言います。
と、私は長い間、知らなかったのですが友人にそう教わりました。「デフラグ」と「最適化」は厳密には微妙に意味が違うような、そんなことも読みかじったけど、私も詳しくは知らないのです。
とにかく整理整頓です!

だから時々デフラグする必要があるんですが、Windows標準のデフラグツールでやると、
---------------------------------------------------------
■■□□   □□□□  ■   □□□ ■■
■■□□   □□□□  ■   □□□ ■■
■■□□   □□□□  ■   □□□ ■■
■■□□   □□□□  ■   □□□ ■■
---------------------------------------------------------
最適化が完了しました
□=最適化済みファイル ■=移動できないファイル

こんな感じで終わりますよね。いや、待て待て、隙間が空いとるやないか。詰めろ、そこ詰めんかい!って、いつも思っていたのでございます。この隙間に新たなファイルが保存されていって、後ろがつっかえたらデータを切り分けて別の空き場所に詰め込まれて、また断片化していくのですよ。こいつダメだ。時間ばっかりかかって使えねぇってことで、フリーソフトを試すことに。


■素人の本格デフラグ1回戦■
で、今回は年末だし大掃除の意味も含めて、凄い綺麗にしてやろうかなと本腰入れてみました。

【本命の「MyDefrag」を使ってみる】
概要、インストール手順、使い方などは以下のサイトに丸投げしておきますのでご参考に。
⇒MyDefrag:簡単・高速・高機能なフリーのデフラグソフト
⇒もしもしカメよ MyDefrag 簡単で 高速で 高機能な フリーのデフラグソフト
⇒無料だが有料デフラグソフト並に高機能なフリーのデフラグソフト「MyDefrag」 - GIGAZINE

上記ページ内にも書いてありますが「MyDefrag」には、デフラグメニューがいくつかあります。
【MyDefragの実行メニュー】
※Cドライブ専用と、データドライブ用(外付けなどC以外のHDD)があります。
[ Analyze only ]
HDDの分析をして、どれぐらい断片化してるか見るだけのモード。全ドライブ用。

[ Consolidatefree space ]
ファイルをディスクの先頭へ移動させて、データを連続化する。つまり空いてる場所を詰める。

[ Data DiskDaily ]
C以外のHDDをデフラグ。隙間を詰める。最速だけど不完全らしい。でも毎日行う場合はこれで十分だと。

[ Data DiskWeekly ]
C以外のHDDをデフラグする。中速で少し丁寧にデフラグするらしい。週一ペース用なのだとか。

[ Data DiskMonthly ]
C以外のHDDをデフラグする。凄く遅いが、完璧にする。全てのファイルをパスの通りに並べる。

[ Defragmentonly ]
ファイルの断片化のみを解消する。隙間は詰めない。よって、その後の断片化が早い。ソフト作者曰く、お奨め出来ないとのこと。でもWindows標準のツールはこんな風にしますよね。

[ Flash memorydisks ]
メモリーカードやSSDをデフラグする。必要最小のファイルの読み書き回数でデフラグする。断片化を解消して隙間をつめる。

[ System DiskDaily ]
Cドライブ専用モード。隙間を詰める。最速だけど不完全らしい。でも毎日行う場合はこれで十分。

[ System DiskWeekly ]
Cドライブ専用モード。デフラグ&最適化。週一回デフラグするならこれ(それなりに最適化するが、中速)

[ System DiskMonthly ]
Cドライブ専用モード。凄く遅いが、完璧にする。全てのファイルをパスの通りに並べる。

つまり、Cドライブ用、外付けHDD用に「Daily」「Weekly」「Monthly」の3種類のデフラグ方法があるってことです。基本的に、どれも隙間を詰めますが、完全に詰まり切るとは限らないようです。
ちなみに、Windows標準のツールだとHDDの空き容量が少ない時「15%以上の空きが必要です」と警告が出ますが、MyDefragは15%の空きが無くても普通にデフラグ出来ます。外付けHDDで実験済みです。これだけでも価値がある気がした。

で、時間がかかるのを覚悟して、Cドライブを「System DiskMonthly」で始めました。
遅いとは書いてあったが、Windows標準のデフラグツールと変わらないか、少し速いペースかもしれない。
このツールの面白い所は、HDDのどの場所に何のファイルが保管されているか具体的に見えるところです。
【MyDefrag】Windowsと同じデフラグ用APIの高性能デフラグツール
黄=断片化されてるファイル
黒=空き領域
緑=最適化済みファイル
水色=デフラグ不要ファイル
紺=MFT領域(NTFS予約領域)
赤=システムファイル、動かせないファイル

十字カーソルを合わせると、そこに何があるか下に表示が出ます。この画像だと、この場所に三味線SoundFontがあるようです。上部の表示は今作業で操作しているファイルで、目まぐるしく表示が変わっていきます。
上部メニューの[マップの倍率]でかなり拡大して見ることができます。この図は結構拡大していますので、実際はもっと黒い部分(空き領域)があります。
[実行]のところで一時停止や、途中終了も出来ます。

それにしても、断片化が酷すぎてなかなか進まない。こんなことなら1番速いモードにしとけば良かった。
検索しまくって、デフラグ情報を色々見てると、断片化が酷すぎると時間がかかる事もあるのだとか。速いのが自慢の「Auslogics Disk Defrag Portable」で「とりあえず程度」に整頓してから「MyDefrag」したら良いという情報も見たので、そうしてみることに。


【Auslogics Disk Defragを使ってみる】
[参考にしたページの一部]
⇒Auslogics Disk Defrag(インストール版)
⇒Auslogics Disk Defrag 使い方 ~ディスクデフラグ~
どちらもインストール版の解説です。ポータブル版よりだいぶ多機能です。
⇒高速デフラグソフト「Auslogics Disk Defrag」のポータブル版
インストール不要のポータブル版。私は本格デフラグ前の準備、即席デフラグが目的だったので、これで良かったんです。物凄い速い。いつもなら寝る前にスタートして朝確認だったのですが、雑用してる間に終わった。


【動かせない謎のファイル「I:\$Extend\$UsnJrnl:$J:$DATA」】
再び「MyDefrag」で本腰入れてやってみる。今度はなかなかスムーズに進んだ。
Cドライブのデフラグが完了し、その後、SoundFontやVSTプラグインを大量に保存してある外付けHDDもついでにやってみました。外付けHDDが完了して気づいたことがあります。
完了しても、動かせないファイルが点在していて、そのせいで詰めらるはずの隙間が詰まり切ってないんです。
Cドライブには動かせないファイルがあるのはまぁ理解できるのですが、何故外付けHDDにそんなものがあるのか?と、素人頭では納得いかないわけです。
MyDefragでそのファイルが何なのか、赤い場所にカーソルを合わせるとファイル名まで見ることが出来ます。
殆ど全部が「I:\$Extend\$UsnJrnl:$J:$DATA」と表示される。
何だコレ?

このツールでデフラグして初めて知った存在。これは必要なファイルなのか?消す方法は無いのか?
また検索しまくり。そして見つけた情報ページ。

UsnJrnlファイルの削除 [Vista]
トラブル(by たいが (_´ー`)y-~~ の日記)
削除方法はここに載っていました。
【手順】
※コレを見てすぐにやってはいけません。
Windows画面左下の[スタート]⇒[ファイル名を指定して実行]
「%windir%\system32\fsutil.exe usn deletejournal /D C:」と入力する
最後の「C」はCドライブを意味する。Dドライブの「$UsnJrnl:$J:$DATA」を削除したいなら最後を「D」にする。
[OK]をクリック。
すると、一見何も起こらなかったぐらいの速さで完了し、消えます。
だけど、完全には無くならないようで、ポツポツ残りました。これが限界なのか。

などと思って、更に調べていくうちに、こんなページを発見してしまった。
「基本的に、性格が判らないファイルは、触らないことです。」
それ、はよ言うて。もしかして、マズかった?
だとしても、やってしまったものは仕方が無い。諦めよう。でも外付けHDDだし、問題が出るとしたら何があるんだろうか。とにかく、わからない者がCドライブにやるのは止した方が良さそうです。
これをやる人は自己責任で。

やってしまった事に不安は残るが、これで、かなりの移動不可能ファイルが削除された。
そのおかで、また隙間が沢山空いた。
こうなったら徹底的にやってやろうではないか。


【もう1つの移動不可能な謎のファイル「pagefile.sys」「hiberfil.sys」】
Cドライブをチェックしてみると、やはりここにも「$UsnJrnl:$J:$DATA」があるのですが、それ以外の「pagefile.sys」「hiberfil.sys」というヤツが大量にあるのです。これはCドライブだけにあった。これも消してはいけないのか?それにしては大量すぎてかなり目障りである。
また検索、検索、検索。結論から言えば、消して良いもので、こいつは何のツールを用意することもなく、難しい事をすることもなく、簡単に消せました。これも使っているうちに勝手に増えるファイルのようです。
見つけた手順ページ。

⇒Cドライブに「pagefile.sys」と「hiberfil.sys」というデカいファイルがあるんだけど消せねー。
【hiberfil.sysを消す】
[スタート]⇒[コントロールパネル]⇒[電源オプション]
「休止状態」タブを選択⇒「休止状態を有効にする」のチェックを外す。
これだけで「hiberfil.sys」が消えます。

【pagefile.sysを消す】
[スタート]⇒[コントロールパネル]⇒[システム]
①[詳細設定]タブをクリック⇒「パフォーマンス」欄にある[設定]をクリック。
②[詳細設定]タブをクリック⇒[変更]をクリック。
③[詳細設定]タブをクリック⇒「仮想メモリ」のところ[変更]をクリック。
④[ページングファイルなし]にチェックを入れて[設定]をクリック。
⑤[OK]クリックすると、Windows再起動を即されます。「いいえ」で後で再起動でも良いですが、再起動するまで変更は適用されません。再起動すると仮想メモリ無効の設定になります。
※仮想メモリを無効にするのはメモリ1GB以上のPCだけにしておけとのことです。

ここまでやって、MyDefragの[ Analyze only ]で断片化具合を再び確認する。
あんなに大量にあった「pagefile.sys」「hiberfil.sys」が全て綺麗に消えて無くなっていた。
よしよし。おかげで、Cドライブもまた隙間だらけです。大量に空いたので、もっともっと詰められる。

ここで、気づいたんだが、Cドライブにはブラウザの「一時ファイル」や「最近使ったファイル」など消しても良い不要なファイルが結構あったはず。どうせなら、それらを全部消してからデフラグすれば良かった。徹底的にやると決めたので、この際、使いそうに無いソフトやVSTプラグインなどもアンインストールしていくことにした。


【PCの不要ファイルを掃除する】
ここで「CCleaner」を使います。
インストール手順など詳しくは以下のページを参考に。
⇒CCleaner - k本的に無料ソフト・フリーソフト
⇒CCleanerの使い方・詳細 - フリーソフト100
⇒不要なファイルを削除できる「CCleaner」
バージョンが古い時の記事だけど、大きな変更はないので手順は似たような物です。
不要なツールバーやソフトの抱き合わせインストールを即された場合は、そのチェックを外してインストールして下さい。

これをインストールすると、ゴミ箱アイコンの右クリックメニューに「CCleanerを実行」「CCleanerを開く」の2つが追加されます。
「CCleanerを開く」をクリックで起動します。
このソフト上でもソフトのアンインストールが出来るのですが、とりあえずは無難にWindowsのコントロールパネルある「プログラムの追加と削除」でアンインストールしまくりました。
で、CCleanerでレジストリの掃除も出来るので、それが必要なのか詳しく知らないまま、気分的にやった方がいいのかなという動機だけで、やってみました。

そして不要ファイルの大掃除。
インストールされているブラウザの一時ファイル、最近使ったファイル(ショートカット)、などの不要ファイルをまとめて削除できます。残しておきたいファイルは削除対象から外しておきます(チェックを外す)。
[Windows]タブはIEなど標準で入ってるブラウザやWindows自体のシステムの中から不要ファイルを探します。
【CCleaner】不要なファイルを削除したりレジストリをクリーニングするソフト
このメニューの中に「ウィンドウズ ログファイル」という項目があるんですよ。ここにチェックを入れておくと、移動不可能ファイルを一部削除してくれたような気がします。うろ覚えなので気のせいかもしれないが、そんな気がした。

[アプリケーション]タブをクリックすると後にインストールされたFireFoxなどのブラウザや、ソフト関連から不要ファイルを探します。
【CCleaner】不要なファイルを削除したりレジストリをクリーニングするソフト
ちなみに、クッキーにチェックを入れて[クリーンアップ開始]を実行すると、よくある無料ブラウザゲーム、FLASHゲーム、JAVAゲームなどのセーブデータも削除されてしまいます。それは困るという人はチェックを外しておきましょう。

これで、かなりの不要ファイルを削除できました。
デフラグする前にこの作業をしておくべきだったと、ここまでやってから気づいた。
次からはそうしよう。


■素人の本格デフラグ2回戦■
不要ファイルを一掃したので、今度のデフラグで完璧になるはずです。
CCleanerで一掃したあとはブラウザを立ち上げたり余計な事はしない。ブラウザを開くとまた、一時ファイルなどを増やすからです。増やすならデフラグ後にして欲しいので、おとなしくMyDefragの実行が完了するまで何もせず待ちます。
とは言え、Cドライブはメールが来ることでファイルが増えたり、削除したりと、ファイルの入れ替わりや増減が激しい場所です。どうせまたすぐに余計なファイルは増えていくので、そこまで神経質になることはないのですけど、年末だし、気分的に徹底的モードだったので。
【MyDefrag】Windowsと同じデフラグ用APIの高性能デフラグツール
完了!これが限界のようですが、Windowsの最適化ツールでの結果に比べると格段に美しい仕上がり。
これはCドライブの結果で、この後、外付けHDDもやったんですが、その場合は1点の隙間も無い完璧な仕上がりとなりました。

さっき1回デフラグしてあることもあってか、2回目は凄く速く終わりました。1番丁寧故に時間がかかるとされている「Data DiskMonthly」のモードでもWindows標準のデフラグツールに比べるとあっと言う間でした。Cドライブは146GBのHDDで、現在の使用領域64.7GBです。これを最適化スタートして、その間にグラディウスⅤを始めたところ、ノーコンティニューで岩の面まで行った頃にはもう最適化は完了していました。え、時間にしてどれぐらいかは時計見てなかったので・・・。それぐらい速かったという話。
もうWindows付属の最適化ツールを使うことは無さそうです。

「pagefile.sys」「hiberfil.sys」を消すのが目的で仮想ファイルの設定を変更していたので、最適化完了後に設定を元に戻しました。戻した後でまた確認してみると、不要ファイルは消えたまま、戻しても今はまだ何も生成されていない。
使ってるうちにまた増えていきますが、画像の黒い部分(空き領域)に場所に生成されていくのですから、今後は酷い断片化には至りにくいでしょう。少なくともWindowsについてる最適化ツールの隙間残しデフラグに比べると完璧に近いように思う。

メモリーカード用の「Flash memorydisks」はHDDにやらない方が良い。ちょっと隙間があるから、このモードで詰まるかな?と思ってやってみたら整理する基準が違うようで。せっかく整理整頓された部分を崩して別の並べ方で強引に詰め込み始めやがった。途中で止めて、もう一度デフラグするはめに。
まぁ、それはすぐに終わったけど、やっぱこれは適当モードなんだな。

デフラグが終わり、ソフトを立ち上げてみたり、Windowsを再起動させてみたりしたところ、体感できるレベルで起動が速くなっている!私は非常に満足です。
しかし、MusicMakerのフリーズは相変わらず。突然落ちるのも相変わらず。それ以外はかなり改善されました。
MusicMakerいい加減もうダメですな。そろそろもうちょっと良いのに手を出すべきかとも思うが、別にコレで事足りてるしなーというのもあってなかなか腰が上がらない。落ちなければコレでもいいんですけどね。


■背伸びした最適化の手順まとめ■
【1】「CCleaner」で一時ファイル、最近使ったファイルなどの不要ファイルを全て削除する。
【2】Cドライブなら「pagefile.sys」「hiberfil.sys」を削除する。
【3】MyDefragの[ Analyze only ]でHDDを分析して断片化の程度を見てMyDefragは終了する。
【4】断片化が酷ければ「Auslogics Disk Defrag」で即席デフラグをしてから「MyDefrag」で最終デフラグする。
それほどでもなければ、最初から「MyDefrag」でデフラグを開始する。実行メニューはお好みで。以前に[ DiskMonthly ]をやった事があるなら速い[ DiskDaily ]でも良いと思います。
【5】手順2の時に変更した設定を元に戻す。
これで、完了!
次回のデフラグからは、この手順でいこうと思いました。
※PC音痴の私が検索に頼って得たニワカ知識です。よって、このやり方どこまで正しいのかは不明です。

以上、2012年度末のデフラグ奮闘記でした。

【注意】
デフラグはHDDに負荷をかけるなどの理由で必要以上にしない方が良いという意見も多数見られました。
SSDというタイプのHDDはデフラグをすると寿命が縮むという意見もありました。
かと言って、やらざるを得ない状態ならやるしかありません。やりすぎは禁物ということで覚えておきましょう。
関連記事

スポンサード リンク




気が向いたら応援にネギとかちょうだい

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する



Trackback

PrevPage«  | HOME |  »NextPage





イジワル猫キャット
団長:イジワル猫キャット
⇒イジワル海賊団【総本部】
無料で遊べるFLASHゲームが集合している。

⇒イジワル海賊団【秘密基地】
作ったFLASHゲーム置き場。
⇒猫国イジワル・フィルハーモニー管弦楽団
FLASHゲーム用に作った音素材置き場
⇒おんがく散歩道
猫国イジワル・フィルハーモニー管弦楽団が誇るプロフェッショナル・ピアニストくみこさん様のサイト。ピアノ指導もやってます。
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ 人気ブログランキングへ
FC2ブログランキング くる天 人気ブログランキング

■HOME
■JAMバンドの音源を増やす (1)
種類別 音源の導入方法 (1)
SoundFontの導入手順 (43)
フリーのSoundFontをゲットする (40)
TiMidity++で音源を増やす (1)
■JAMバンドでしゃべらせる (5)
■動画でJAMバンド講座 (15)
■DTMに関する講座動画 (32)
シンセ講座 (7)
その他DTM講座 (24)
■VOCALOID関連動画 (306)
初音ミク講座、テクニック系 (21)
VOCALOIDに歌わせてみた (219)
しゃべらせてみた (16)
VOCALOID その他 (49)
■本物の楽器の演奏も見ておく (52)
■3D関連 (223)
VOCALOID3D化計画 (131)
その他 3D作品 (33)
3D講座 (56)
3D奮闘記 (3)
■その他、色々講座動画 (31)
■作ってみた動画 (96)
参考になりそうなもの (64)
参考にならないが笑えるもの (10)
実験的なもの (6)
料理系 (16)
■その他の動画 (96)
ゲーム動画 (59)
その他 (34)
■フリーソフトなど (269)
DAW, MTR,MIDI,WAV編集 (14)
フリー音源【VSTi】 (149)
フリーのエフェクター【VSTe】 (51)
UTAU関連 (6)
音のソフトその他色々 (20)
3D、CGのフリーソフト (10)
お絵描き、画像関係のソフト (5)
その他フリーソフト (14)
■このサイトについて (1)
■リンク集 (1)


■VST関連タグ 【VSTe】
アンプシミュレーター プリアンプ
コンプレッサー リミッター マキシマイザー
歪み系(OverDrive Distortion)
ディエッサー エキスパンダー ノイズゲート
EQグライコ パライコ フィルター WAH  
コーラス フランジャー フェーザー
リバーブ
 エコー ディレイ オートPAN
ピッチシフター
 ピッチ補正 
ボコーダー ボイスチェンジャー
VUメーター スペアナ チューナー  FX追加

【VSTi、SoundFont】

サンプラー
 SoundFont Player
ドラム 生ドラム シンセドラム パーカッション 
ピアノ エレピ クラビ アコーディオン
オルガン ハモンドオルガン パイプルガン
キーボード moog オーバーハイム
ベース ギター アコギ エレキギター 
オーケストラ  ストリングス ハープ 
コーラス(クワイア)  
吹奏楽器 フルート サックスブラス 
 ハーモニカ 
民族楽器
 和楽器  シタール 二胡 トルコ 
シンセ
 FMシンセ トランス PAD Halo_PAD 
アンビエント ホラー音源
ゲーム音源
 ファミコン  PSG SCC SID 
環境音
 効果音 無料ボーカロイド


■3D関連タグ
3Dチュートリアル
 モデリング 
六角大王講座
 六角大王Super6講座
メタセコイア講座 Blender講座 
MikuMikuDance講座
 MMD 講座 PMD講座
MMDアクセサリ MMDユーザーモデル
⇒MikuMikuDance (作者動画)

⇒MikuMikuVioce (ツール紹介)




⇒初音ミクを買う前に使えるか検証
Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 Creative USBオーディオインターフェース SB-XFI-GPR2

Steinberg 6 x 4 USB 2.0 オーディオインターフェース UR44

【国内正規品】SHURE プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホン SRH840-A

SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST

【国内正規品】SHURE カナル型 高遮音性イヤホン SE535 メタリックブロンズ SE535-V-J

SHURE SM57-LCE ダイナミックマイクロフォン 【国内正規品】

SHURE SM58SE ダイナミックマイクロフォン 【国内正規品】

Roland ローランド MIDIインターフェイス UM-ONEmk2

Roland ローランド ギター用ディバイデッド ピックアップ GK-3





例:「講座」と入力すると「講座」がつくキーワードが検出されます。


サウンドハウス

石橋楽器店



ブラックキャップ 12個入り
ブラックキャップ 12個入り

最強のG駆除兵器です。これを置いてからGを見ることがなくなりました。この効果に感動したので宣伝。



 

クリプトンVOLCAROID2初音ミク(公式)
初音ミク 公式Q&A
JAMバンド(Music Maker) 公式ページ
JAMバンド(Music Maker) 公式Q&A
ピアプロ
著作権切れか否か検索確認
ニコニコ大百科(仮)